どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

アラフォー、2男の母のブックレビューです。読んだ本の簡単な内容・あらすじ・感想をメモしてます。

角田光代さんの「愛がなんだ」を読みました。~やめて! もっと自分を大事にして! そこまでみっともなくならないで! と叫びたくなる、片思い小説。

角田光代さんの「愛がなんだ」を読みました。 愛がなんだ (角川文庫) 作者:角田 光代 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」――OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。彼から電…

森絵都さんの「DIVE!」を読みました。~コーチの思いが感染し、クラブに火がついていくスポ根小説。

森絵都さんの「DIVE!」を読みました。 DIVE!! 上 (角川文庫) 作者:森 絵都 発売日: 2006/05/26 メディア: 文庫 DIVE!! 下 (角川文庫) 作者:森 絵都 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイ…

森絵都さんの「カラフル」を読みました。~ぼくが前世で犯した罪とは何か? 下界でのインターンというファンタジー的設定に、最後は「なるほど」

森絵都さんの「カラフル」を読みました。 カラフル (文春文庫) 作者:森 絵都 発売日: 2020/04/17 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 主人公はとある魂。「ぼく」は前世で罪を犯したため、輪廻の輪から外されそうになっているところだとのこと。ところが、「…

石井妙子さんの「女帝 小池百合子」を読みました。~都知事選前に、一読すべき本。ノンフィクションで知る、長い目で見た印象。

石井妙子さんの「女帝 小池百合子」を読みました。 女帝 小池百合子 (文春e-book) 作者:石井 妙子 発売日: 2020/05/29 メディア: Kindle版 あらすじ・内容 コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・小池百合子。女性初の都知事であり、次の総理候補…

村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。~なぜ、友人たちは急に冷たくなったのか。犯人が推理できても、できなくても。

村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫) 作者:村上春樹 発売日: 2015/12/04 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 主人公・多崎つくるは36歳の独身、鉄道会社で駅を…

森絵都さんの「みかづき」を読みました。~用務員室からはじまる、塾づくりに奔走した家族の物語。

森絵都さんの「みかづき」を読みました。 みかづき (集英社文庫) 作者:森絵都 発売日: 2018/11/30 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」 昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師…

たちばなかおるさんの「長男・次男・三男・夫よ 早く大人になってくれ!!(震え声)」を読みました。~男子の母に、一押しの一冊。

たちばなかおるさんの「長男・次男・三男・夫よ 早く大人になってくれ!!(震え声)」を読みました。 長男・次男・三男・夫よ 早く大人になってくれ!!(震え声) 作者:たちばなかおる 発売日: 2016/02/15 メディア: Kindle版 あらすじ・内容紹介 ゆっくり…

東村アキコさんの「東京タラレバ娘 シーズン2(1)~(2)」を読みました。~2010年のアラサー女子と2020年のアラサー女子の価値観の違い。

東村アキコさんの「東京タラレバ娘 シーズン2(1)~(2)」を読みました。 東京タラレバ娘 シーズン2(1) (Kissコミックス) 作者:東村アキコ 発売日: 2019/10/11 メディア: Kindle版 東京タラレバ娘 シーズン2(2) (Kissコミックス) 作者:…

安宅和人さんの「シン・二ホン」を読みました。~現実の直視にがっかりし、でも日本の明るい側面も書かれ、風の谷の構想にインスパイアされる

安宅和人さんの「シン・二ホン」を読みました。 シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 (NewsPicksパブリッシング) 作者:安宅和人 発売日: 2020/02/18 メディア: Kindle版 概要 現在の世の中の変化をどう見たらいいのか?日本の現状をどう…

平野啓一郎さんの「決壊」を読みました。

平野啓一郎さんの「決壊」を読みました。 決壊(上) (新潮文庫) 作者:啓一郎, 平野 発売日: 2011/05/28 メディア: 文庫 決壊(下) (新潮文庫) 作者:啓一郎, 平野 発売日: 2011/05/28 メディア: 文庫 あらすじ・内容 地方都市で妻子と平凡な暮らしを送るサ…

平野啓一郎さんの「かたちだけの愛」を読みました。~片足を失った女優とデザイナーの再生物語。分人が如実に表された作品

平野啓一郎さんの「かたちだけの愛」を読みました。 かたちだけの愛 (中公文庫) 作者:平野啓一郎 発売日: 2013/10/25 メディア: Kindle版 あらすじ・内容 自動車事故で、片足を切断する大怪我を負った女優の叶世久美子。偶然、現場に駆けつけたデザイナーの…

小川糸さんの「つるかめ助産院」を読みました。~南の島の助産院のお話。こんな臨月を過ごしてみたかった。

小川糸さんの「つるかめ助産院」を読みました。 つるかめ助産院 (集英社文庫) 作者:小川糸 発売日: 2012/11/15 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 夫が姿を消して傷心のまりあは、一人訪れた南の島で助産院長の鶴田亀子と出会い、予想外の妊娠を告げられる…

小川糸さんの「食堂かたつむり」を読みました。~料理とは祈りそのもの。素朴な料理に込められたストーリーと想い。

小川糸さんの「食堂かたつむり」を読みました。 食堂かたつむり (ポプラ文庫) 作者:小川糸,石坂しづか 発売日: 2018/04/20 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 主人公は20代の女の子、倫子。倫子はインド人の恋人と同棲していたものの、恋人に全てを持ち逃げ…

小川糸さんの「ライオンのおやつ」を読みました。~瀬戸内海のホスピスで、端から端までクリームがぎっしり詰まったあのチョココロネみたいに、ちゃんと最後まで生きる。

小川糸さんの「ライオンのおやつ」を読みました。 ライオンのおやつ 作者:糸, 小川 発売日: 2019/10/08 メディア: 単行本 著者と本書について 著者の小川糸さんは1973年生まれ。2008年のデビュー作「食堂かたつむり」から、30冊の本を出版されています。著者…

伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」を読みました。 ~個性的な殺したちが終結する天下一武道会@東北新幹線

伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」を読みました。 マリアビートル (角川文庫) 作者:伊坂 幸太郎 発売日: 2013/09/25 メディア: 文庫 内容・あらすじ 前作「グラスホッパー」の続編。 主人公は荒い稼業から足を洗ったはずの木村雄一。アル中の彼には、高い…