どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

アラフォー、2男の母のブックレビューです。読んだ本の簡単な内容・あらすじ・感想をメモしてます。

おすすめ度-★★★★

椰月美智子さんの「しずかな日々」を読みました。~ぼくは転校しない。そう決めた少年がおじいちゃんと友達と過ごした、確かな夏。

椰月美智子さんの「しずかな日々」を読みました。 しずかな日々 (講談社文庫) 作者:椰月美智子 発売日: 2015/10/16 メディア: Kindle版 内容・あらすじ おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のこ…

椰月美智子さんの「かっこうの親 もずの子ども」を読みました。~母でなければ書けない小説。ありそうな日常と、尋常ではない愛。

椰月美智子さんの「かっこうの親 もずの子ども」をよみました。 かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2014/10/03 メディア: 文庫 内容・あらすじ 迷いも哀しみも、きっと奇跡に変わる――。幼児向け雑誌の編集部で働く統子…

椰月 美智子さんの「14歳の水平線」を読みました。~お父さんにだって、14歳の時があった。一期一会のひと夏の宝石感を思い返す作品。

椰月 美智子さんの「14歳の水平線」を読みました。 14歳の水平線 (双葉文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2018/05/10 メディア: 文庫 内容・あらすじ 夏休み、征人は息子の加奈太を誘い、故郷の島にやってきた。征人はたちまち30年前の日々に引き戻され、加奈…

中山祐次郎さんの「逃げるな新人外科医」を読みました。~小説だからといってハッピーエンドにはならない。シビアな外科医の世界

中山祐次郎さんの「逃げるな新人外科医」を読みました。 逃げるな新人外科医 泣くな研修医2 (幻冬舎文庫) 作者:中山祐次郎 発売日: 2020/04/02 メディア: Kindle版 概要 俺、こんなに下手クソなのにメスを握っている。命を託されている。 研修医・雨野の物…

中山祐次郎さんの「泣くな研修医」を読みました。~医師が書く、研修医のリアルな毎日。

中山祐次郎さんの「泣くな研修医」を読みました。 泣くな研修医 (幻冬舎文庫) 作者:中山祐次郎 発売日: 2020/04/02 メディア: Kindle版 内容・あらすじ なんでこんなに無力なんだ、俺。 雨野隆治は25歳、大学を卒業したばかりの研修医だ。新人医師の毎日は、…

【Kindle Unlimited】史夏ゆみさんの「イダジョ」を読みました。~普通のサラリーマン家庭に育った女の子が医学部に入り、大学を卒業するまで。

史夏ゆみさんの「イダジョ」を読みました。 イダジョ!医大女子 作者:史夏ゆみ 発売日: 2018/09/14 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 「絶対、医者になってやる!」普通のサラリーマンの家庭に育ちながら、私立の医大に入学した安月美南。そこで出会う同級…

森絵都さんの「いつかパラソルの下で」を読みました。~お父さんの死からはじまる、お父さんの半生めぐり。

森絵都さんの「いつかパラソルの下で」を読みました。 いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5) 作者:森 絵都 発売日: 2008/04/25 メディア: 文庫 内容・あらすじ 厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた柏原野々。その父も亡くなり、四…

森絵都さんの「宇宙のみなしご」を読みました。~うらやましいくらい仲の良い兄弟を中心に、屋根に登る遊びで広がった絆。

森絵都さんの「宇宙のみなしご」を読みました。 宇宙のみなしご (角川文庫) 作者:森 絵都 発売日: 2010/06/25 メディア: 文庫 内容・あらすじ 中学2年生の陽子と1つ歳下の弟リン。両親が仕事で忙しく、いつも2人で自己流の遊びを生み出してきた。新しく見つ…

森絵都さんの「みかづき」を読みました。~用務員室からはじまる、塾づくりに奔走した家族の物語。

森絵都さんの「みかづき」を読みました。 みかづき (集英社文庫) 作者:森絵都 発売日: 2018/11/30 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」 昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師…

小川糸さんの「ライオンのおやつ」を読みました。~瀬戸内海のホスピスで、端から端までクリームがぎっしり詰まったあのチョココロネみたいに、ちゃんと最後まで生きる。

小川糸さんの「ライオンのおやつ」を読みました。 ライオンのおやつ 作者:糸, 小川 発売日: 2019/10/08 メディア: 単行本 著者と本書について 著者の小川糸さんは1973年生まれ。2008年のデビュー作「食堂かたつむり」から、30冊の本を出版されています。著者…

【kindle unlimited】伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」を読みました。~怖くない、独特の雰囲気のハードボイルド。

伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」を読みました。 グラスホッパー (角川文庫) 作者:伊坂 幸太郎 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 一般人であるはずの元教師主人公「鈴木」は、奥さんをなくします。原因は車の事故。その後、寺崎とい…

平野啓一郎さんの「ある男」を読みました。

平野啓一郎さんの「ある男」を読みました。 ある男 作者:啓一郎, 平野 発売日: 2018/09/28 メディア: 単行本 内容紹介 愛したはずの夫は、まったくの別人であった。「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!弁護士の城戸は、かつての依頼者…

住野よるさんの「麦本三歩の好きなもの」を読みました。~大好きな本。ブルボンのお菓子。日常の小さなオアシスがいとおしくなる、すこし不思議ちゃんな三歩の日常のお話。

住野よるさんの「麦本三歩の好きなもの」を読みました。 麦本三歩の好きなもの 作者:住野 よる 発売日: 2019/03/07 メディア: 単行本 内容・あらすじ 朝寝坊、チーズ蒸しパン、そして本。好きなものがたくさんあるから毎日はきっと楽しい。図書館勤務の20代…

垣谷美雨さんの「70歳死亡法案可決」を読みました。~介護・引きこもりの息子・仕事・家事……たくさんのタスクを抱えた主婦東洋子の家出のリアリティ

垣谷美雨さんの「70歳死亡法案可決」を読みました。 七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫) 作者:垣谷 美雨 発売日: 2015/02/10 メディア: 文庫 内容 高齢者が国民の三割を超え、破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法案」を強行採決。施行まで二年、宝田東洋子は…

住野よるさんの「また、同じ夢を見ていた」を読みました。~幸せについて考え、そして主人公・奈ノ花のよき相談者の正体を考える、解釈系ミステリー

住野よるさんの「また、同じ夢を見ていた」を読みました。 また、同じ夢を見ていた (双葉文庫) 作者:住野 よる 発売日: 2018/07/12 メディア: 文庫 内容・あらすじ 250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二…

「図解 トヨタの片付け」を読みました。~片付けで目指す生産性向上。発注点・主作業と付随作業という概念、家庭に取り入れたいと感じました。

「図解 トヨタの片付け」を読みました。 [図解]トヨタの片づけ 作者:OJTソリューションズ 発売日: 2013/11/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) 概要 「キレイがゴールじゃない。片づけは『成果を出す』ためのビジネスツールだ」トヨタの生産現場で勤続40年…

凪良ゆうさんの「すみれ荘ファミリア」を読みました。 ~一見、だれもが住んでみたいと思うシェアハウスに潜む謎と、個々の事情。

凪良ゆうさんの「すみれ荘ファミリア」を読みました。 すみれ荘ファミリア (富士見L文庫) 作者:凪良 ゆう 発売日: 2018/07/14 メディア: 文庫 内容・あらすじ トイレと風呂と台所は共有、朝食夕食付きの下宿屋すみれ荘。下宿人の美寿々、隼人、青子と管理人…

凪良ゆうさんの「神様のビオトープ」を読みました。~隠された秘密を抱えた人と、社会との折り合いと。

凪良ゆうさんの「神様のビオトープ」を読みました。 神さまのビオトープ (講談社タイガ) 作者:凪良 ゆう 発売日: 2017/04/20 メディア: 文庫 内容・あらすじ うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大…

恩田陸さんの「上と外」を読みました。~青春小説、かと思いきや、一転してジャングルでのサバイバルに。一気に読める冒険小説。

恩田陸さんの「上と外」を読みました。 上と外〈上〉 (幻冬舎文庫) 作者:恩田 陸 発売日: 2007/10/01 メディア: 文庫 上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10) 作者:恩田 陸 発売日: 2007/10/01 メディア: 文庫 内容・あらすじ 中学生の練は、両親の離婚の為、家…

石原加受子さんの「妻が抱える夫ストレス」を読みました。~夫婦喧嘩の即効策は戦いから降りる。夫を嫌いという感情も、認める。

石原加受子さんの「妻が抱える夫ストレス」を読みました。 妻が抱える「夫ストレス」 作者:石原 加受子 発売日: 2015/11/20 メディア: 単行本 概要 本書は「自分中心心理学」を提唱する心理カウンセラーの石原さんによる本です。 夫が定年で家にいる時間が長…

垣谷美雨さんの「ニュータウンは黄昏て」を読みました。

垣谷美雨さんの「ニュータウンは黄昏て」を読みました。 ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫) 作者:垣谷 美雨 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 内容・あらすじ(「BOOK」データベースより) バブル崩壊前夜、4LDKの分譲団地を購入した織部家。都心から1時…

垣谷美雨さんの「禁煙小説」を読みました。~脱離の過程の描写のリアルさに脱帽。タバコにかぎらず依存症からの脱離を考えている方におすすめの小説。

垣谷美雨さんの「禁煙小説」を読みました。 禁煙小説 (双葉文庫) 作者:垣谷 美雨 発売日: 2011/12/15 メディア: 文庫 内容・あらすじ どこに行っても喫煙者には肩身の狭い時代になった。主人公の早和子は、禁煙にチャレンジしつづけて二十年経つが、未だにタ…

恩田陸さんの「六番目の小夜子」を読みました。~途中怖すぎだけど、爽やかな青春ホラー。吉田秋生さんの吉祥天如を思い出しました。

恩田陸さんの「6番目の小夜子」を読みました。 六番目の小夜子 (新潮文庫) 作者:陸, 恩田 発売日: 2001/01/30 メディア: 文庫 内容・あらすじ とある地方の高校が舞台の話。 その方向では3年に1度「サヨコ」と呼ばれる役を割り当てられる生徒がいます。 ある…

南章行さんの「好きなことしか本気になれない」を読みました。

南章行さんの「好きなことしか本気になれない」を読みました。 好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術 作者:南 章行 発売日: 2019/08/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 概要 本書は、「スキルのフリーマーケット」である株式…

越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」を読みました。~完璧な理想の恋愛からのまさかのラスト。

越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」を読みました。 陽だまりの彼女 (新潮文庫) 作者:オサム, 越谷 発売日: 2011/05/28 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) 幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメ…

ジョングレイさんのベストパートナーになるためにを読みました。~ベストパートナーは1日にして成らず。それなりの努力と時間をかけて作るもの

ジョングレイさんの「ベストパートナーになるために」を読みました。 ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫) 作者:ジョン グレイ 発売日: 2001/05/01 メディ…

須藤 昌子さんの「死んでも床にモノを置かない。」を読みました。~収納グッズを買う前に。引き算の片付け術。

須藤 昌子さんの「死んでも床にモノを置かない。」を読みました。kindle unlimited本。 死んでも床にモノを置かない。 作者:須藤 昌子 発売日: 2019/02/25 メディア: Kindle版 概要 整理収納アドバイザーの須藤昌子さんによる本。収納グッズを買い足すのでは…

斎藤孝さんの「雑談力が上がる話し方」を読みました。~雑談力は生きることそのもの

斎藤孝さんの「雑談力が上がる話し方」を読みました。 雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール 作者:齋藤 孝 発売日: 2010/04/09 メディア: 単行本 概要 本書は東大を経て、現在、明治大学で教育学、身体論、コミュニケーション論などの先生を…

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読みました。

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読みました。 君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 作者:住野 よる 発売日: 2017/04/27 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは…

秀島史香さんの「いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則」を読みました。~前向きな会話のTIPが詰まった本

秀島史香さんの「いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則」を読みました。 いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則 作者:秀島史香 発売日: 2017/03/07 メディア: 単行本 概要 本書はDJの英島史香さんによる会話のコツが書かれた…