どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

アラフォー、2男の母のブックレビューです。読んだ本の簡単な内容・あらすじ・感想をメモしてます。

著者名-椰月美智子

椰月美智子さんの「フリン」を読みました。~既婚者の恋を、それが日常の連続であることを自然に描いた連作集

椰月美智子さんの「フリン」を読みました。 フリン (角川文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2013/02/21 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 高校生の真奈美は、カレと入ったラブホテルで、自分の父親が同じマンションに住むOLの葵さんと一緒に歩いているのを目…

椰月美智子さんの「消えてなくなっても」を読みました。~社会からドロップアウトした2人が不思議な治療院で癒される話、と思いきや……清らかな癒しの小説。

椰月美智子さんの「消えてなくなっても」を読みました。 消えてなくなっても (角川文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2017/05/25 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 物語の主人公「あおの」はタウン誌の編集者になったばかりの新人社会人で、高千穂を思わせる…

椰月美智子さんの「美人のつくりかた」を読みました。~たかが見た目、されど見た目。見た目をモチーフにした、4人の女性たちの日常の・人生の一コマをきりとったオムニバス。

椰月美智子さんの「美人のつくりかた」を読みました。 美人のつくり方 (PHP文芸文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2020/07/08 メディア: 文庫 内容・あらすじ 「見た目」が変われば人生が劇的に変わる?本当に似合う色、服、髪型、メイク、アクセサリーなどを提…

椰月美智子さんの「どんまい!」を読みました。~等身大のちょっと情けないところもある主人公たちに、ごく自然に共感できるオムニバス。

椰月美智子さんの「どんまい!」を読みました。 どんまいっ! (幻冬舎文庫) 作者:椰月美智子 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 青春―。それは人生のなかで最も輝かしく希望に満ちた頃。でもキラキラしていなくったって青春なのだ!ラク…

椰月美智子さんの「伶也と」を読みました。~芸能人に惚れたことのある人はみな直子になり得る。ロックバンドのボーカルにすべてをささげた女性のお話。

椰月美智子さんの「伶也と」を読みました。 伶也と (文春文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2017/12/05 メディア: Kindle版 内容・あらすじ 二人が迎えた結末は、1ページ目で明かされる。恋愛を超えた、究極の感情を描く問題作! 理系の大学院を出、メーカーで…

椰月美智子さんの「ダリアの笑顔」を読みました。~どこにでもいそうな、ただひとつの家族の日常をつづるオムニバス。

椰月美智子さんの「ダリアの笑顔」を読みました。 ダリアの笑顔 (光文社文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2012/11/13 メディア: 文庫 内容・あらすじ 「綿貫さんち」は四人家族。「明るく笑うもう一人の自分」を空想する長女・真美。主婦業と仕事をこなしなが…

椰月美智子さんの「しずかな日々」を読みました。~ぼくは転校しない。そう決めた少年がおじいちゃんと友達と過ごした、確かな夏。

椰月美智子さんの「しずかな日々」を読みました。 しずかな日々 (講談社文庫) 作者:椰月美智子 発売日: 2015/10/16 メディア: Kindle版 内容・あらすじ おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のこ…

椰月美智子さんの「かっこうの親 もずの子ども」を読みました。~母でなければ書けない小説。ありそうな日常と、尋常ではない愛。

椰月美智子さんの「かっこうの親 もずの子ども」をよみました。 かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2014/10/03 メディア: 文庫 内容・あらすじ 迷いも哀しみも、きっと奇跡に変わる――。幼児向け雑誌の編集部で働く統子…

椰月 美智子さんの「14歳の水平線」を読みました。~お父さんにだって、14歳の時があった。一期一会のひと夏の宝石感を思い返す作品。

椰月 美智子さんの「14歳の水平線」を読みました。 14歳の水平線 (双葉文庫) 作者:椰月 美智子 発売日: 2018/05/10 メディア: 文庫 内容・あらすじ 夏休み、征人は息子の加奈太を誘い、故郷の島にやってきた。征人はたちまち30年前の日々に引き戻され、加奈…