どんぐり君とおにぎり君のママの読書日記

アラフォー、2男の母のブックレビューです。読んだ本の簡単な内容・あらすじ・感想をメモしてます。

02_おすすめ度-★★★★

凪良ゆうさんの「すみれ荘ファミリア」を読みました。 ~一見、だれもが住んでみたいと思うシェアハウスに潜む謎と、個々の事情。

凪良ゆうさんの「すみれ荘ファミリア」を読みました。 すみれ荘ファミリア (富士見L文庫) 作者:凪良 ゆう 発売日: 2018/07/14 メディア: 文庫 内容・あらすじ トイレと風呂と台所は共有、朝食夕食付きの下宿屋すみれ荘。下宿人の美寿々、隼人、青子と管理人…

凪良ゆうさんの「神様のビオトープ」を読みました。~隠された秘密を抱えた人と、社会との折り合いと。

凪良ゆうさんの「神様のビオトープ」を読みました。 神さまのビオトープ (講談社タイガ) 作者:凪良 ゆう 発売日: 2017/04/20 メディア: 文庫 内容・あらすじ うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大…

恩田陸さんの「上と外」を読みました。~青春小説、かと思いきや、一転してジャングルでのサバイバルに。一気に読める冒険小説。

恩田陸さんの「上と外」を読みました。 上と外〈上〉 (幻冬舎文庫) 作者:恩田 陸 発売日: 2007/10/01 メディア: 文庫 上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10) 作者:恩田 陸 発売日: 2007/10/01 メディア: 文庫 内容・あらすじ 中学生の練は、両親の離婚の為、家…

石原加受子さんの「妻が抱える夫ストレス」を読みました。~夫婦喧嘩の即効策は戦いから降りる。夫を嫌いという感情も、認める。

石原加受子さんの「妻が抱える夫ストレス」を読みました。 妻が抱える「夫ストレス」 作者:石原 加受子 発売日: 2015/11/20 メディア: 単行本 概要 本書は「自分中心心理学」を提唱する心理カウンセラーの石原さんによる本です。 夫が定年で家にいる時間が長…

垣谷美雨さんの「ニュータウンは黄昏て」を読みました。

垣谷美雨さんの「ニュータウンは黄昏て」を読みました。 ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫) 作者:垣谷 美雨 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 内容・あらすじ(「BOOK」データベースより) バブル崩壊前夜、4LDKの分譲団地を購入した織部家。都心から1時…

垣谷美雨さんの「禁煙小説」を読みました。~脱離の過程の描写のリアルさに脱帽。タバコにかぎらず依存症からの脱離を考えている方におすすめの小説。

垣谷美雨さんの「禁煙小説」を読みました。 禁煙小説 (双葉文庫) 作者:垣谷 美雨 発売日: 2011/12/15 メディア: 文庫 内容・あらすじ どこに行っても喫煙者には肩身の狭い時代になった。主人公の早和子は、禁煙にチャレンジしつづけて二十年経つが、未だにタ…

恩田陸さんの「六番目の小夜子」を読みました。~途中怖すぎだけど、爽やかな青春ホラー。吉田秋生さんの吉祥天如を思い出しました。

恩田陸さんの「6番目の小夜子」を読みました。 六番目の小夜子 (新潮文庫) 作者:陸, 恩田 発売日: 2001/01/30 メディア: 文庫 内容・あらすじ とある地方の高校が舞台の話。 その方向では3年に1度「サヨコ」と呼ばれる役を割り当てられる生徒がいます。 ある…

南章行さんの「好きなことしか本気になれない」を読みました。

南章行さんの「好きなことしか本気になれない」を読みました。 好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術 作者:南 章行 発売日: 2019/08/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 概要 本書は、「スキルのフリーマーケット」である株式…

越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」を読みました。~完璧な理想の恋愛からのまさかのラスト。

越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」を読みました。 陽だまりの彼女 (新潮文庫) 作者:オサム, 越谷 発売日: 2011/05/28 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) 幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメ…

ジョングレイさんのベストパートナーになるためにを読みました。~ベストパートナーは1日にして成らず。それなりの努力と時間をかけて作るもの

ジョングレイさんの「ベストパートナーになるために」を読みました。 ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫) 作者:ジョン グレイ 発売日: 2001/05/01 メディ…

須藤 昌子さんの「死んでも床にモノを置かない。」を読みました。~収納グッズを買う前に。引き算の片付け術。

須藤 昌子さんの「死んでも床にモノを置かない。」を読みました。kindle unlimited本。 死んでも床にモノを置かない。 作者:須藤 昌子 発売日: 2019/02/25 メディア: Kindle版 概要 整理収納アドバイザーの須藤昌子さんによる本。収納グッズを買い足すのでは…

斎藤孝さんの「雑談力が上がる話し方」を読みました。~雑談力は生きることそのもの

斎藤孝さんの「雑談力が上がる話し方」を読みました。 雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール 作者:齋藤 孝 発売日: 2010/04/09 メディア: 単行本 概要 本書は東大を経て、現在、明治大学で教育学、身体論、コミュニケーション論などの先生を…

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読みました。

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読みました。 君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 作者:住野 よる 発売日: 2017/04/27 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは…

秀島史香さんの「いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則」を読みました。~前向きな会話のTIPが詰まった本

秀島史香さんの「いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則」を読みました。 いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則 作者:秀島史香 発売日: 2017/03/07 メディア: 単行本 概要 本書はDJの英島史香さんによる会話のコツが書かれた…

泉 ハナさんの「外資のオキテ」を読みました。~将来、英語を使って仕事をしてみたいなと思う方、就活中の方におすすめの小説

泉 ハナさんの外資のオキテを読みました。 外資のオキテ (角川文庫) 作者:泉 ハナ 発売日: 2018/09/22 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) 英語を使う仕事にあこがれていた貴美子は、一念発起して会社を辞め、語学留学を決行。帰国後、悪戦苦…

島本理生さんの「ファーストラヴ」を読みました。

島本理生さんの「ファーストラヴ」を読みました。 ファーストラヴ (文春文庫) 作者:理生, 島本 発売日: 2020/02/05 メディア: 文庫 内容(「BOOK」データベースより) ◆第159回直木賞受賞作◆夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環…

垣谷美雨さんの「夫の墓には入りません」を読みました。

垣谷美雨さんの、「夫の墓には入りません」を読みました。 夫の墓には入りません (中公文庫) 作者: 垣谷美雨 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/01/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る あらすじ 主人公の夏葉子は40台の主婦。東京生…

垣谷美雨さんの「老後の資金がありません」を読みました。

垣谷美雨さんの「老後の資金がありません」を読みました。 老後の資金がありません (中公文庫) 作者: 垣谷美雨 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る あらすじ 本書の主人公、後藤篤子は、50…

垣谷美雨さんの「農ガール、農ライフ」を読みました。

垣谷美雨さんの農ガール、農ライフを読みました。 農ガール、農ライフ (祥伝社文庫) 作者: 垣谷美雨 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2019/05/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る あらすじ 本書の主人公、水沢久美子は32歳。大卒で1度はそこそ…

林真理子さんの「みんなの秘密」を読みました。

林真理子さんの「みんなの秘密」を読みました。 みんなの秘密 (講談社文庫) 作者: 林真理子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2001/01/17 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (9件) を見る 本書はオムニバス形式の短編集です。各…

辻村深月さんの「スロウハイツの神様」を読みました。

辻村深月さんのスロウハイツの神様を読みました。 スロウハイツの神様(上) (講談社文庫) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/01/15 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (78件) を見る スロウハイツの神様(下) …

浅原ナオトさんの「彼女が好きなのは、ホモであって、僕ではない」を読みました。

先日、NHKでドラマ化され話題になっていた、「腐女子、うっかりゲイに告る。」その原作である浅原ナオトさんの「彼女が好きなのは、ホモであって、僕ではない」を読みました。 彼女が好きなものはホモであって僕ではない 作者: 浅原ナオト,新井陽次郎 出版社…

辻村深月さんの「凍りのくじら」を読みました。

辻村深月さんの「凍りのくじら」を読みました。 凍りのくじら (講談社文庫) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2008/11/14 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (146件) を見る あらすじ 本書は、高校生の芹沢理帆…

辻村深月さんの「ぼくのメジャースプーン」を読みました。

辻村深月さん、ぼくのメジャースプーンを読みました。 ぼくのメジャースプーン (講談社文庫) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/04/15 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 121回 この商品を含むブログ (120件) を見る あらすじ 主人公は…

吉川永里子さん監修「30日間片づけプログラム」を読みました。 ~3回目の断捨離でやったこと

吉川永里子さん監修「30日間片づけプログラム」を読みました。 2年前にこんまりさんのときめき片付け本を読み、断捨離を決行。 片付けをしてから、時間ができたなと感じます。 人生がときめく片づけの魔法 作者: 近藤麻理恵 出版社/メーカー: サンマーク出版…

岡田斗司夫さんの『頭の回転が速い人の話し方』を読みました。~頭の回転が速い≠頭が良い。じゃあ頭がいいって何なの? 

岡田斗司夫さんの『頭の回転が速い人の話し方』を読みました。 話すのが苦手なので、テレビで切り返しが上手な芸人さんなどを見ると、 「なんて頭がいいんだろう」 と思ってしまいます。 しかし本書で著者は言います。 頭の回転が速いと言うのは=頭が良いと…